MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

インテリアコーディネートのご依頼はこちら

一人暮らしにおすすめ!おしゃれな北欧インテリアのコーディネート術をご紹介

  • c
  • d 2022.06.18

出典:https://unsplash.com/

 

近年人気を集めている北欧インテリア。

 

居心地の良さが魅力的なコーディネートのため、自宅に取り入れたいと憧れている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、プロのインテリアコーディネーター監修のもと、一人暮らしの人におすすめの、北欧インテリアコーディネート術をご紹介します。

 

おしゃれなお部屋づくりの参考にしてみてくださいね。

 

 

北欧インテリアとは

出典:https://unsplash.com/

 

ナチュラルで温かみのある雰囲気が魅力的な北欧インテリア。

 

シンプルな内装をベースに、自然素材や北欧ならではのアイテムを組み合わせるコーディネートで、近年人気を集めているインテリアテイストです。

 

「北欧」とは、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークの総称。

 

北欧は高緯度に位置するため、冬の期間はほとんど太陽が昇らず、昼が短く夜が長いという特徴があります。

 

1日のうちに太陽が全く昇らない「極夜」という現象もあり、地域によっては極夜が1〜2ヵ月続くことも。

 

北欧の人々は、長く続く冬の期間を家の中で過ごすことが多く、いかに家の中で快適に楽しく過ごすかという工夫を生み出してきたのですが、それが現在人気を集める北欧インテリアの原点なのです。

 

北欧には「ヒュッゲ」という思想があります。

 

ヒュッゲとは、人によって解釈は異なりますが、「ホッとする瞬間」「心地の良い空間」というような意味を持ち、日常の中にあるほっこりするような瞬間を大切にしようとする思想です。

 

北欧インテリアをコーディネートする際には、家の中でも自然を感じられるようなナチュラルなアイテムや、安心感のあるファブリック、落ち着いた雰囲気を生み出す照明計画などを取り入れます。

 

北欧インテリアを作る際には、自分にとっての「ヒュッゲ」を取り入れながら、コーディネートを楽しみましょう。

 

一人暮らしでおしゃれな北欧インテリアを作るためのポイントとは

出典:https://unsplash.com/

 

それでは実際に一人暮らしのお部屋を北欧インテリアでコーディネートするためのポイントをご紹介していきます。

 

テイストをはっきりさせる

北欧インテリアといっても、いくつかのテイストがあるのをご存じでしょうか。

 

代表的なテイストをご紹介しますので、まずは自分が目指したいテイストがどれなのかをはっきりさせることから始めましょう。

 

ナチュラルな北欧インテリア

北欧インテリアといえば、ナチュラルさの感じられるコーディネートが王道です。

 

壁や天井などは「白」でシンプルに統一し、ソファやラグといったファブリックには、自然を感じさせるようなアースカラーやグレイッシュなくすみカラーを取り入れます。

 

アクセントにはインテリアグリーンをプラスし、全体的に明るくナチュラルな雰囲気を演出。

 

シンプルで飽きのこないテイストで、人気の高いコーディネートです。

 

ポップな北欧インテリア

北欧ならではのポップでカラフルな北欧雑貨を取り入れ、楽しげな雰囲気を作るコーディネート。

 

北欧雑貨には、自然や動物をモチーフとした可愛らしいデザインがたくさんあります。

 

お気に入りの雑貨を集めるのも、北欧インテリアならではの楽しみ方です。

 

コーディネートの基本は、ベースの壁はシンプルに「白」でまとめ、ソファやラグなどのファブリックに淡いブルーやグリーンといった優しい色を組み合わせます。

 

アクセントとして、北欧ならではの雑貨や有名デザイナーのカラフルなデザインを取り入れて、楽しげな雰囲気に仕上げます。

 

モダンな北欧インテリア

北欧インテリアの中にも、クールでスタイリッシュなコーディネートも存在します。

 

北欧モダンを作るポイントは「モノトーン」。

 

壁や天井は、「白」や「グレー」でまとめ、ソファなどのファブリックにはグレーを組み合わせます。

 

アクセントに、ブラックのアイテムや、ガラスや金属といった無機質な素材を組み合わせて、クールさを演出。

 

ウッドやインテリアグリーンを取り入れて、北欧らしいナチュラル感もプラスします。

 

カラー

インテリアコーディネートを考える際には、初めにお部屋に使う色のバランスを決定します。

 

たくさんの色を自由に配置してしまうと、雑多な印象を受けたり、部屋が狭く見えたりしてしまう原因となります。

 

インテリアコーディネートにおける基本的なカラーバランスの比率は以下の通りです。

 

  • ベースカラー75%
  • メインカラー25%
  • アクセントカラー5%

 

「ベースカラー」とは、壁や天井、床といった面積が1番広い場所に取り入れる色のこと。

 

北欧インテリアでは、壁や天井に「白」や「淡いグレー」を取り入れて、シンプルで洗練された雰囲気を演出する方法がおすすめです。

 

床の色は木目のフローリングが一般的かと思いますが、家具の色もフローリングの色に合わせるとまとまった印象に仕上がります。

 

「メインカラー」とは、ベースカラーの次に広い面積の色のことで、家具やラグ、カーテンといったファブリックを指します。

 

「アクセントカラー」は、クッションや雑貨など、比較的面積が小さいものの色。

 

差し色としてプラスする色のことで、ベースカラーやメインカラーとは異なる色調やトーンを取り入れます。

 

お部屋全体の色の割合を意識するだけでまとまった印象に仕上がりますので、コーディネートを始める前に、色の計画を立てるようにしましょう。

 

家具

北欧インテリアを作る際におすすめしたいのが、北欧ならではの名作家具を取り入れるということ。

 

北欧はもともと木工産業が盛んな地域であり、優れた家具職人と家具デザイナーが数多くの家具を生み出してきました。

 

一人暮らしのお部屋に取り入れるのであれば、北欧ならではの「椅子」がおすすめ。

 

優れた北欧デザインの名作は、1脚あるだけでもお部屋のアクセントとして活躍してくれます。

 

座るために使用するだけでなく、お部屋のコーナーに配置して、本やインテリアグリーンを飾るためのアイテムとして使用しても良いでしょう。

 

また、ソファの横にパーソナルチェアを置くのもおすすめ。

 

デンマークを代表するハンスJ・ウェグナーの作品である、「シェルチェア」や「ラウンジチェア」は北欧らしさを演出するのにぴったりのアイテムです。

 

一人暮らしのお部屋をコーディネートする際には、背の低い家具を選ぶようにすると、お部屋に圧迫感を感じさせず広々とした印象に仕上げることができますよ。

 

照明

北欧インテリアには、落ち着いた雰囲気を演出する照明計画も重要です。

 

日本では、空間全体を明るく照らす照明計画が一般的ですが、北欧では人が集まる場所のみを照らし、空間の中に光と影のコントラストを作り出すのが一般的。

 

ホテルのような落ち着いた雰囲気は、ヒュッゲを感じさせる上質な空間を演出してくれます。

 

一人暮らしのお部屋におすすめの照明は「ペンダントライト」と「スタンドライト」です。

 

ペンダントライトは、ダイニングテーブルの上に1灯吊るすのがおすすめ。

 

ルイスポールセンの「PH5」やレ・クリントの「サイナスライン」は、インパクトのあるデザインで、照明をつけていないときでも、空間のアクセントとして活躍してくれるアイテムです。

 

スタンドライトをソファの横に置くのも良いでしょう。

 

手元だけを穏やかに照らすことで、北欧ならではのくつろぎシーンを演出してくれます。

 

光の色は、オレンジ色の「電球色」がおすすめ。

 

温かみのある落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

 

一人暮らしのお部屋は空間が限られているケースも多いため、照明器具のサイズには気をつけたいところです。

 

大きすぎる照明器具は空間に圧迫感を与えてしまいますので、人の視界を遮らない程度の大きさを意識するようにしましょう。

 

 

ファブリック

北欧ならではの温かみを演出するためには、ソファやラグ、カーテン、クッションといったファブリックアイテムが重要です。

 

ナチュラルな北欧インテリアや北欧モダンには、無地やシンプルなデザインのファブリックアイテムがおすすめ。

 

リネンやコットン、ウールなどの自然素材を使用したファブリックは、空間に優しさと温かみをプラスしてくれます。

 

また、北欧ならではのカラフルなデザインは、ファブリックに採用されているものもたくさんあります。

 

明るく楽しげな雰囲気を演出したい人は、ぜひ北欧デザインのファブリックを取り入れましょう。

 

一人暮らしのお部屋は空間が限られていることが多いため、カーテンやラグなどの、面積が大きな部分に大柄のデザインを取り入れてしまうと、圧迫感を感じさせてしまいます。

 

クッションやブランケットなど面積の小さいものに柄物をプラスするのがおすすめです。

 

また、キッチンマットやトイレマットなど、小さめのラグで北欧デザインを取り入れるのもおすすめ。

 

おうち全体に北欧デザインを散りばめることで、家全体に統一感を感じさせることができますよ。

 

北欧雑貨

北欧ならではのカラフルでポップなアイテムがお好きな方は、ぜひ自分のお気に入りをコレクションして、お部屋のアクセントとして飾ってみましょう。

 

一人暮らしの人が取り入れやすいアイテムとしては「食器」がおすすめ。

 

有名ブランドの北欧食器は数多くあり、有名なものだと「マリメッコ」や「イッタラ」などのブランドが挙げられます。

 

可愛らしく華やかなデザインの物が多いため、日常づかいの食器に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

また、北欧インテリア好きの人から人気を集めている「カイ・ボイスン」の木製玩具もおすすめです。

 

可愛らしい動物をモチーフとしたアイテムで、オブジェとして飾ると良いでしょう。

 

空間を邪魔しない木製のアイテムなので、ちょっとした余白に置いて、さりげなく北欧らしさを演出するのも良いですね。

 

観葉植物

北欧ならではのナチュラルさを演出するためには観葉植物が必須アイテム。

 

北欧インテリア好きの人には、ぜひ取り入れて欲しいアイテムです。

 

観葉植物にもさまざまな大きさがあります。

 

2メートルを超える観葉植物は、ナチュラルさを演出するのにぴったりのアイテムですが、置く場所によってはお部屋を狭く見せる原因にもなります。

 

取り入れるのであれば、テレビの横など、余白のあるお部屋のコーナーへ配置しましょう。

 

一人暮らしの人でも取り入れやすいのが、1〜1メートル50センチ程度のサイズや、卓上サイズのもの。

 

直接床に置くのではなく、プランタースタンドやスツールを利用して、床から浮かせて設置すると、センス良く見せることができますよ。

 

頻繁な水やりをする自信がないという人は、エアプランツもおすすめ。

 

エアプランツは、空気中の水分を取り込みながら育つため、毎日の水やりが不要です。

 

土も必要ないため、北欧雑貨と一緒に飾り棚の上に置いても良いですね。

 

2〜3日に一度、霧吹きで水をかけてあげると元気に育ちますよ。

 

アートパネル

「ワンランク上のおしゃれな北欧インテリアを目指したい」という方には、アートパネルを取り入れて壁を彩る方法もおすすめです。

 

アートパネルとは、四角い板や発泡スチロールに柄物の壁紙やファブリックを貼り付けたパネルのことで、アートのように壁に飾って楽しむことができます。

 

カラフルな柄が多い北欧デザインは、アートパネルとの相性が抜群。

 

お気に入りのファブリックやクロスを購入して、自分で作ってみるのも良いでしょう。

 

アートパネルは、自然と視界に入る「余白のある壁」に飾るのがおすすめ。

 

3枚程度並べて飾れば、空間にリズムを生み出すことができます。

 

壁に飾るのが難しいという場合は、飾り棚や小さなチェアに立てかけて飾るのもおすすめです。

 

一人暮らしにおすすめの北欧アイテム

ここからは、一人暮らしの人でも取り入れやすい具体的なインテリアアイテムをご紹介します。

 

ぜひ皆さんのコーディネートに取り入れてみてくださいね。

 

家具

 

スツール60|アルテック

出典:https://www.artek.fi/jp/

 

シンプルなデザインが特徴のスツール。

さまざまなシーンで活躍してくれるアイテムで、1脚あるだけでも重宝します。

 

座るためだけでなく、北欧雑貨や観葉植物を飾るためのアイテムとしてもおすすめです。

 

座面の色も選べるので、カラフルな色を取り入れて、北欧らしいコーディネートを楽しむのも良いでしょう。

 

CH24 Yチェア|カールハンセン&サン

出典:https://www.carlhansen.com/ja-jp

 

「世界一売れている椅子」として知られているYチェア。

 

世界的に有名な家具なのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

北欧ならではの雰囲気を表現するのにぴったりのアイテム。

 

部屋のコーナーに飾るだけで空間を格上げしてくれるため、ワンランク上のコーディネートを目指す人におすすめです。

 

CH07 シェルチェア|カールハンセン&サン

出典:https://www.carlhansen.com/ja-jp

 

リビングにおすすめしたいラウンジチェア。

 

ソファ横に置くだけで、センスの良さを格上げしてくれるアイテムです。

 

ベースのウッドフレームは、樹種を選ぶことができるので、床や建具など他のウッドと揃えることで統一感の得られる空間に仕上げることができます。

 

照明

PH5|ルイスポールセン

出典:https://www.louispoulsen.com/ja-jp/private

 

不思議なフォルムが印象的なペンダントライト。

 

北欧を代表する照明デザインとして有名なアイテムです。

 

PH5は、どの角度から見ても中の光源が見えないような設計となっており、空間に穏やかな光を放ちます。

 

さまざまなカラーバリエーションがあるため、お部屋に合わせて色を選ぶのも楽しいですね。

 

AJフロア|ルイスポールセン

出典:https://www.louispoulsen.com/ja-jp/private

 

スタイリッシュなフォルムで人気を集めるAJフロア。

 

空間を邪魔しないデザインのため、さまざまなインテリアコーディネートに合わせることができるアイテムです。

 

手元灯としてソファの横やベッド脇に配置すれば、穏やかな光が上質な空間を生み出してくれます。

 

サイナスライン|レ・クリント

出典:https://www.leklint.jp/

 

美しい曲線が印象的なペンダントライト。

 

光を灯したときの美しい光は、空間を穏やかに照らしてくれます。

 

ダイニングテーブルの上や、お部屋のコーナーにおすすめです。

 

サイズ展開がいくつかありますが、大きすぎると空間を圧迫してしまうので、一人暮らしの人には小ぶりなサイズを選ぶようにしましょう。

 

ファブリック

 

ラプアンカンクリ

出典:https://lapuankankurit.jp/

 

フィンランド生まれのテキスタイルブランド。

 

北欧ならではの優しいテクスチャーのファブリックが特徴的なブランドです。

 

グレイッシュなくすみカラーを多くラインナップしており、洗練された北欧インテリアにおすすめしたいアイテムです。

 

ミナ・ペルホネン

出典:https://www.mina-perhonen.jp/

 

日本生まれのファッションブランド。

 

フィンランドの文化に影響を受けたブランドで、北欧インテリアにぴったりのアイテムを多数ラインナップしています。

 

人気の高い「タンバリン」は、クッション以外にも食器やタイルといったインテリアアイテムにも採用されています。

 

さまざまなアイテムにミナ・ペルホネンのデザインを取り入れて、お部屋全体をコーディネートするのも良いですね。

 

北欧雑貨

 

カイ・ボイスン

出典:https://www.scope.ne.jp/

 

木製玩具が有名なカイボイスン。

 

動物をモチーフとした可愛らしい玩具は、オブジェとしておすすめのアイテム。

 

ウッドの色合いが穏やかなため、北欧インテリアを邪魔せずに取り入れることができるのも魅力です。

 

人気の高いモンキーは、腕の角度を変えることができるので、飾り棚などに吊り下げて飾るのもおすすめですよ。

 

フィンレイソン

出典:http://finlayson.jp/index.html

 

200年以上続くフィンランドのブランド。

 

カラフルで可愛らしいデザインを多くラインナップしているブランドで、明るく楽しげな雰囲気を演出するのにぴったりです。

 

食器はもちろんですが、ラグやクロスなどの展開もあるため、色々なアイテムを取り入れてみるのもおすすめです。

 

観葉植物

 

ティランジア(エアプランツ)

出典:https://lovegreen.net/

 

エアプランツとして人気の高いティランジア。

 

土が必要ないため、飾り棚の上に飾ったり、ワイヤーなどで吊り下げたりする飾り方がおすすめです。

 

北欧雑貨と一緒に飾るだけで、センスの良さをアップしてくれますよ。

 

アイビー

出典:https://lovegreen.net/

 

北欧インテリアにぴったりの観葉植物。

 

明るく可愛らしい雰囲気は、ナチュラルで優しい空間を生み出してくれます。

 

ツル性の植物なので、長さのあるものは上から吊り下げて飾るのがおすすめ。

 

何本か切り取ったものを、小さい花瓶に挿してテーブルの上などに飾るのもおすすめですよ。

 

 

高級家具のインテリアコーディネート、家具リースならMAYSへ

出典:https://unsplash.com/

 

MAYSはお客様のご要望に合わせた、インテリアご購入のトータルサポートを行っております。

 

ここからは、MAYSがご提供するサービス内容についてご紹介します。

 

テーラーメイド・インテリアプランのご提案

「お客様に一つ上のライフスタイルを提供したい」との想いから、お客様1人ひとりのご予算、お好み、ライフスタイルをヒアリングし、家具のトータルコーディネートをご提案しております。

 

担当するのはインテリアの知識に長けたコーディネーターたち。

 

東京港区を中心としたハイグレード物件を担当するインテリアのスペシャリストです。

 

今回ご紹介したような、北欧インテリアのコーディネートも可能です。

 

「ワンランク上のインテリアコーディネートに憧れている」「自分でコーディネートするには自信がない」という方は、ぜひMAYSへご相談ください。

 

家具のリースサービス

MAYSでは、家具のリースサービスも行っております。

 

一定期間家具をお貸出しし、期間終了後には期間延長や、お客様による買い取りなど、ご要望に合わせた対応が可能です。

 

新品を購入するには手の届かないようなハイブランドの家具も、リース商品であればご予算を抑えてご提供が可能となり、ワンランク上の上質なインテリア空間を実現することができます。

 

お部屋に上質な家具を取り入れて、ワンランク上のコーディネートを実現してみませんか?

 

小物アレンジサービス

MAYSがご提供するのは家具だけではありません。

 

カーテン、家電、リネン、インテリアグリーン、アートなど、生活に必要なインテリアアイテム全般のご提案も可能です。

 

ご希望に合わせたインテリアのご提案が可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)