MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

インテリアコーディネートのご依頼はこちら

プロ厳選!高級家具ブランドの椅子をインテリアテイストごとにご紹介

  • c
  • d 2022.06.02

出典:https://www.cassina-ixc.jp/shop/  

体が直接触れるものだからこそ、質にこだわりたい椅子。 上質な高級家具に憧れる人も多いのではないでしょうか。   「椅子にはどのようなブランドがあるのか分からない」「椅子選びは何を基準にすれば良いのか知りたい」という方のために、高級家具をメインに取り扱うMAYSが、厳選した高級家具ブランドから、テイストごとにおすすめの椅子をご紹介します。   みなさんの椅子選びの参考にしてみてください。  

椅子にこだわるべき理由とは

出典:https://www.cassina-ixc.jp/shop/  

上質な空間づくりに欠かせない椅子。   体が直接触れるアイテムだからこそ、座り心地の良さは最重要。 インテリアを作り上げる存在としてデザイン性の高さも求められます。   海外では椅子の文化が一般的です。   椅子の座り心地やデザインによって、その人の暮らしの快適さが左右されるといっても過言ではありません。   世界中のデザイナー達が、機能的で美しい椅子を次々とデザインしてきたことからも、椅子への高い期待と需要の高さを感じることができます。   デザイナーの想いやデザインされた背景など、さまざまなエッセンスが含まれている椅子は、どのような椅子を選ぶのかによって、その人のセンスが表現されるものでもあります。   次の章からは、椅子の選び方と、おすすめの高級家具ブランドのアイテムをご紹介します。 自分の好きなインテリアテイストに合わせて、上質なアイテムを見つけてみてください。  

シーンに合わせた椅子の選び方

出典:https://www.arflex.co.jp/  

椅子といっても、形状や機能はさまざま。   使用する空間やシーンによって選ぶべき椅子は異なります。   ここからは、シーンごとに合わせるべき椅子の特徴を解説します。  

ダイニング

食事をとるために使用する椅子は、しっかりとした姿勢を保ちながら座れることが重要です。   クッション性が高い座面のほうが快適なように感じられますが、姿勢を正して座るには不安定になりがち。   ボリュームのありすぎるクッションは不要でしょう。   背もたれが高ければ、高級感を演出し、低い背もたれはカジュアルさを感じさせてくれます。   背の当たり方によって座り心地も変わりますので、自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。   椅子は素材によって重さが全く異なります。   ダイニングの椅子は毎日動かすものだからこそ、重すぎると不快に感じる原因になってしまいます。   購入前に素材や重さを確認しておくようにしましょう。  

リビング

リビングで使用する椅子は、くつろぐための椅子がほとんどです。   長時間座ることが想定されますので、体をしっかりと支えてくれるフレームと、心地の良いクッション性が求められます。   背もたれが高くホールド感のあるデザインは、自分一人だけのくつろぎ空間を演出してくれます。   大きなサイズのものが多いため、配置の場所によっては視界が遮られ、空間が狭く感じられる原因になる可能性もあります。   視線の抜けを意識し、目線の先が椅子で遮られないようにしましょう。 ソファとの相性も重要。   ソファの生地と合わせたり、レッグのデザインを揃えたりするとまとまりのあるインテリアを作り上げることができますよ。  

ワーキングスペース

作業をするための椅子は、長時間座っていても疲れないようなデザインが求められます。   座面の高さやアームの位置、背もたれの角度などさまざまな部位を体形に合わせて調整できる椅子が人気を集めています。   リビング・ダイニングに隣接したスタディスペースには、背もたれのないスツールもおすすめ。   短時間の作業であれば、背もたれのないスツールの方がサッと座ることができる気軽さがあります。   また、座らないときにはカウンターの下にしまうこともできる点もスツールの良いところ。 一脚あるだけでも重宝するアイテムです。  

ガーデン

屋外用の椅子も、室内用の椅子同様にさまざまなバリエーションがあります。   しっかりと座れるタイプの椅子や、パーソナルチェアのようなクッション性の高い椅子、ベンチタイプなど使用用途によって形状が異なります。   素材もさまざまで、木製の椅子や、プラスチック、アルミなどを使用した椅子がありますので、使用シーンやお庭のテイストに合わせて選ぶようにしましょう。   屋外用の椅子は、風雨にさらされて劣化の恐れがあるため、取り扱いには注意が必要です。   木製の椅子は、木部が濡れたままになるとカビが映えたり、腐食したりする可能性があります。   プラスチックは紫外線で劣化するため、保管する際には日陰に置くようにしましょう。   クッション付きの椅子は、クッションが濡れたら乾かすようにすることで、カビを防ぐことができます。  

テイスト別おすすめの高級椅子

ここからは、テイストに合わせたおすすめの椅子をご紹介します。  

ナチュラル・北欧

ナチュラルインテリアや、北欧インテリアは、温かみを演出するために、ウッドやファブリックを使用した椅子がおすすめ。   ベージュ、グリーン、ブラウンなど、自然を彷彿させるようなアースカラーのアイテムがおすすめです。  

エッグチェア

出典:https://www.fritzhansen.com/ja  

北欧の名作チェアとして有名なエッグチェア。 存在感のある独特なデザインのため、一度は目にしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。   卵のような滑らかなカーブは、優しさと温かみを感じさせてくれます。 座る人を包み込むかのような包容力を感じさせ、思わず座ってみたい衝動に駆られるようなデザインです。   頭を包み込むようなデザインになっているため、周囲の視線を遮り、空間を緩やかに区切ってくれるため、自分一人だけの空間を生み出してくれます。   一人時間を楽しむためのお供としておすすめしたいアイテムです。  

PP19 ベアチェア

出典:https://pp.dk/  

ハンス・J・ウェグナーによってデザインされたラウンジチェア。 大きなクマが両手を広げているようなフォルムで、どっしりとした安心感が感じられるアイテムです。   座り心地を追及した最上級の家具のため、「いつかは手に入れたい」と憧れる人が多い椅子でも知られます。   クッションの内部には、馬の毛やヤシの繊維、コイルスプリングなど、多様な素材が使用され、究極の座り心地を実現しています。   見えないところへのこだわりはフレームにも。 長く使用しても座り心地を損なわず座れるよう、ベアチェアのフレームは金具を一切使わず、太い無垢材を組み上げて製造されています。   最高品質の座り心地を、上質なくつろぎの空間へ迎えてみてはいかがでしょうか。  

CH24 Yチェア

出典:https://www.carlhansen.com/ja-jp  

北欧の椅子の中でも最も有名であるYチェア。 生涯で500脚以上もの椅子をデザインしたと言われる、椅子の巨匠ハンス・J・ウェグナーの作品です。   「世界で最も売れている椅子」としても知られ、世界中で人気を集めています。   滑らかな曲線を描くウッドのフレームと、座面に使用されたペーパーコードが、ナチュラルで優しい雰囲気を感じさせ、北欧テイストのインテリアにマッチします。   フレームに使用される樹種(じゅしゅ)や、塗装色のバリエーションが豊富にあるため、空間の雰囲気に合わせてコーディネートを楽しむことができます。   近年では、和風の空間に北欧家具をコーディネートするミックススタイルも人気を集めています。   ナチュラルでシンプルなフォルムのYチェアは、和風空間にもおすすめしたいアイテムです。  

モダン・スタイリッシュ

モダンやスタイリッシュな雰囲気には、アイアンやガラスといった無機質な素材がマッチします。   装飾のないシンプルなデザインや、直線で構成されたデザインがおすすめ。   レザーを使用したアイテムは、クールで男性的な印象を与えてくれます。  

LC4 シェーズロング

出典:https://www.cassina-ixc.jp/index.html   無駄のないスタイリッシュなフォルムのLC4。 建築の巨匠と呼ばれるル・コルビジェの代表作です。   1929年にデザインされたLC4ですが、現代においても一切の古さを感じさせることなく、むしろ革新的な美しさを放ちます。   優美なカーブと直線で構成されたスチールのフレームは、モダンで洗練された空間を演出し、レザーの座面は高級感を感じさせます。   弓型のパイプは位置をずらすことができるように設計されており、椅子の角度を自由に変えることができるのもポイント。   世界一有名な寝椅子としても知られ、ニューヨーク近代美術館に所蔵されています。  

マスターズ

出典:https://kartell.co.jp/  

フレームのデザインが特徴的なダイニングチェア。   実はこのフレーム、3つの名作チェアである「シェルチェア(チャールズ&レイ・イームズ)」「セブンチェア(アルネ・ヤコブセン)」「チューリップチェア(エーロ・サーリネン)」を重ね合わせたデザインとなっています。   シンプルで細いラインで構成されており、モダンな雰囲気の中にエレガントさも感じられます。   カラーバリエーションも豊富にあり、モノトーンであればモダンな雰囲気にピッタリ。   ゴールドやシルバーといったメタリックカラーをチョイスすれば、エレガントでゴージャスな空間にもマッチします。   ポリプロピレンを採用しているため、重さは4kg程。 屋内だけでなく、屋外でも使用できるため、多様な使い方ができるのも魅力的ですね。  

ミス

出典:https://www.molteni.it/jp/  

滑らかに繋がる曲線が美しいダイニングチェア。 無駄のない洗練されたラインで構成されるアウトラインは、どことなく力強さと安定感を感じさせます。   前脚からひじ掛け、そして背もたれとスムーズに繋がるデザインがインパクトのあるフォルムとなり、空間に存在感を発揮します。   カラーリングはアッシュ材のナチュラル色とブラック塗装の2パターン。   ブラック塗装は、力強さと凛とした品格を感じさせ、モダンなテイストにマッチします。   座面の素材も、ファブリック、レザー、ペーパーコードから選択が可能。   レザーでマニッシュに仕上げたり、ファブリックやペーパーコードで優しさを出したりと、空間に合わせたコーディネートが可能です。   リッチで重厚感のあるダイニングスペースにおすすめのアイテムです。  

ジャパニズム

和風テイストのお部屋には木製の椅子がおすすめです。   格子デザインのものを取り入れれば、より和の雰囲気を感じさせてくれるでしょう。   近年では、和風と北欧のミックススタイルである「ジャパンディ」も人気を集めており、北欧のデザイナーズチェアもおすすめです。  

HIROSHIMA

出典:https://webshop.maruni.com/  

日本が誇る有名デザイナー深澤直人氏の作品です。   全ての面を曲面で構成するという非常に難しいデザインですが、マルニ木工の高度な木工技術によってその難解なデザインが具体化され、今では世界中に知られるほどになりました。   とりわけ、世界的に話題になったのが2017年の米アップルの新本社で行われたiphone発表会。   数千脚のHIROSHIMAが、アップルの新本社に収容されているのがジャーナリスト達の目に留まり、その様子が世界中のメディアに拡散されたのです。   追及された美しいデザインと、うっとりとするような座り心地は世界的にも認められ、今や日本を代表する高級家具として知られています。   シンプルなデザインのため、どのような空間にも合わせやすいのが魅力。 和風テイストはもちろん、ナチュラルテイストや北欧テイストにもおすすめです。  

バタフライスツール

出典:https://shop.tendo-mokko.co.jp/  

柳宗理によってデザインされた日本を代表するスツール。   当時日本ではほとんど知られていなかった成形合板に着目し、曲げ加工をした成形合板を真鍮でつなぎ合わせるというシンプルな構造の椅子が生み出されました。   製造は、いち早く成形合板の家具づくりを取り入れた天童木工が、3年の歳月をかけて作り上げました。   蝶の羽のような優美なデザインは、日本を代表するデザインとして知られ、ルーブル美術館やニューヨーク近代美術館に収蔵されています。   シンプルなデザインのため、さまざまな空間にマッチさせることができます。   スツールとして使用するのも良いですし、オブジェのような感覚で空間のアクセントに取り入れる方法もおすすめです。

ワーキングスペース

作業をするための椅子は、体をしっかりと支えてくれるアイテムがおすすめです。   さまざまな部位を可動させる必要があるため、テイストは無機質な印象の椅子が多いのですが、フレームや座面の色を変えることでお部屋の雰囲気に合わせることができます。  

アーロンチェア

出典:https://www.hermanmiller.com/ja_jp/  

エルゴノミクス(人間工学)に基づいてデザインされたアーロンチェア。 ワークチェアの元祖として、1994年の発売以来人気の絶えないアイテムです。   多様な体形と姿勢に対応できるよう、背もたれの角度や、アームレストの角度、座面の高さなど、さまざまな部位が調整できるよう研究開発されたもので、MoMAのパーマネントコレクションにも選定されています。   アーロンチェアは、サステナビリティを意識した素材を使用していることでも知られています。   海洋プラスチックを積極的に採用し、50%以上がリサイクル素材で形成されており、人にも環境にも優しい椅子と言えるでしょう。   書斎やオフィスのアイテムとしていかがでしょうか。  

エルゴヒューマン

出典:https://www.ergohuman.jp/  

「人間が可能な限り自然な状態で動作を行えるようにモノを設計する」という人間工学に基づきデザインされた椅子です。   さまざまな体型や姿勢への適応性を追及したデザインで、驚くべきはその機能の多さ。   座面の高さだけでなく、前後の移動ができたり、角度の変更もできたりと変幻自在です。   ひじ掛けに関しては、高さと横幅の位置の調整が可能。   ヘッドレストとフットレストは、高さ変更の他に角度の調整もできます。 体を預けても、フレームがしなやかに体重を受け止めてくれるため、体の負担がありません。   こだわり抜かれた機能性と快適性は、働く人の健康状態や仕事効率にも貢献します。   仕事環境を快適に改善したいと感じている人は、ぜひ採用してみてはいかがでしょうか。  

高級家具のインテリアコーディネート、家具リースならMAYSへ

出典:https://www.arflex.co.jp/  

ここからは、MAYSがご提供するサービス内容についてご紹介します。  

インテリアのトータルコーディネート

MAYSは、数多くの高級家具ブランドを取り扱っております。   専門のインテリアコーディネーターがお客様のご要望をヒアリングし、お客様のライフスタイルやご予算に合わせた家具プランニングをご提案しております。   今回ご紹介した椅子も多数取り扱いがございますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。  

家具のリースサービス

MAYSでは家具のリースサービスも承っております。   リース品を一定期間お貸出しし、期間が終了した際には、再リースやご購入のご案内が可能です。   新品で購入するには手の届かないような高級家具ブランドも、ご予算を抑えてご提供できるのがリースの魅力。   今回ご紹介したような高級チェアもリース品にてご提供できますので、憧れのアイテムがある方はぜひ一度ご相談ください。  

プレミアム配送サービス

MAYSでは、専門のスタッフが責任をもって家具搬入を担当します。   通常、いくつもの家具ブランドから家具を揃えると、それぞれのブランドで配送日時が異なり、家具搬入の立ち合いだけでかなりの負担になってしまいます。   MAYSでは、ご購入いただいた全ての家具をMAYSの倉庫に集約し、ご指定の日時にまとめて配送するため、家具搬入の手間を一度で済ませることができます。   「これから家具を一式揃えたい」「憧れの家具がある」という方は、ぜひMAYSまでご相談ください。

 

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)