MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

パーソナルチェアを取り入れた快適な住まいづくり

  • c
  • d 2022.01.14

出典:https://www.arflex.co.jp/

 

おうち時間の増加に伴い、自宅で過ごす時間をより有意義なものにしたいと感じている人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいアイテムが1人掛けのパーソナルチェア。

リラックスできるようなデザインのものが多く、本を読んだり映画を観たりする時におすすめです。自分にぴったりのパーソナルチェアが見つかれば、毎日の自分時間をより上質なものへランクアップさせることができるでしょう。

日頃より、お客様1人1人に合わせた家具提案をするMAYSが、パーソナルチェアの魅力についてお話します。

 

パーソナルチェアをおすすめしたい理由

出典:https://ritzwell.com/

 

みなさんは自分だけのリラックスタイムをどのように過ごしていますか。ソファの上で映画を観たり、書斎で本を読んだり、テラスでお茶を飲んだりと、人それぞれのスタイルがあるかと思います。

しかし、普段使いの椅子だと疲れてしまって長い時間座っていられない、日常生活とリラックスタイムで気持ちの切り替えができない、家族と共用のスペースではなかなか落ち着けない、と感じている人もいるのではないでしょうか。

そんな方は、ぜひパーソナルチェアを取り入れてみてください。パーソナルチェアは、一人だけの特等席です。ゆったりと過ごすためにデザインされたチェアは、長い時間座っても疲れることがありません。リクライニング機能がついているものは、寝そべって映画を観るのにピッタリですし、座面が広いチェアは、姿勢を崩しても快適に座ることができます。

また、パーソナルチェアは、デザインやカラーバリエーションが豊富な点も魅力の1つ。リビングにソファを置いている人が多いかと思いますが、アクセントとしてパーソナルチェアで色を入れたり、高さ感を出すことで空間にリズムを生み出すことができます。

テラスやホールの一角にパーソナルチェアを置くのもおすすめ。ちょっとしたスペースをおしゃれな空間にランクアップしてくれますよ。

 

パーソナルチェアの選び方

出典:https://www.ergohuman.ne.jp/

使用目的

パーソナルチェアは、使用目的によってデザインや機能が様々です。

くつろぎの時間に使いたいのであれば、クッション性の高いソファタイプや、体を支えてくれるような背もたれが高いタイプがおすすめ。寝そべって映画鑑賞をしたり、ゆったり音楽を聴いたりしたい方は、リクライニングタイプを選ぶと良いでしょう。

お茶をしたり、書き物などの作業をしたい人は、座面が深すぎると座りにくくなりますので、姿勢を保ったまま座れる程度のサイズ感がおすすめです。

 

背もたれ

背もたれが高いものほど、体をしっかりホールドしてくれますので、寄り掛かって過ごしたい人におすすめです。しかし、背もたれが高いと空間の視界がさえぎられるため狭さを感じる原因にもなります。ぜひ置く場所やお部屋全体のバランスに注意して選ぶようにしてみてください。

 

機能性

パーソナルチェアの中には、リクライニング機能がついているものや、ロッキングタイプのものもあります。長時間座る中で体勢を変えながら過ごしたい人にはリクライニングタイプがおすすめ。ロッキングタイプは、前後の揺れが心地よく、リラックスした時間に最適です。チェアに座って外を眺めたり、読書をしたい人におすすめです。

 

張地

パーソナルチェアは張地も様々です。

ファブリックタイプは温かみがあり優しい雰囲気に。ファブリックの種類によって座り心地も変わるため、自分好みの張地を選びましょう。

レザータイプのチェアは、クールで大人な空間を演出してくれます。レザーの座り心地は冷たい印象を持つ人も多いのですが、なめし方によって全く異なる肌触りになるのがレザーの魅力でもあります。

 

パーソナルチェアを置きたいおすすめの場所

出典:https://www.arflex.co.jp/

リビング

リビングは、映画を観たり、本を読んだりと様々な過ごし方ができる空間です。そんなリビングに、ソファだけではなくパーソナルチェアの選択肢を加えて、くつろぎ方にバリエーションを持つのはいかがでしょうか。ソファの横にアクセントとしてチェアを配置するのも良いですし、窓辺に置いて外を眺めながらくつろぐ時間も素敵ですね。

 

寝室

ベッド脇のスペースに、パーソナルチェアとちょっとしたテーブルを配置するコーディネートもおすすめです。就寝前の時間に明るさを落とした空間でゆったりと過ごすと、体内の睡眠ホルモンが増加し眠りの質を高めることができます。

なかなか眠れないときに無理に眠ろうとしても眠れないものです。そんなときは、パーソナルチェアに座ってゆったりと過ごす時間をもってみるのも良いのではないでしょうか。

 

書斎

ワーキングチェアとは別に、お部屋の一角に休憩用のチェアを置いてみるのも良いかもしれません。

仕事の合間に一息つきたい時、座る場所を変えるだけでも気持ちの切り替えに繋がるものです。少し疲れた時やアイデアが浮かばない時、ちょっとしたリフレッシュの時間を作ることも大切なのではないでしょうか。

 

テラス

ここ数年、室内だけでなく外を積極的に活用する動きが見られます。天気が良い日にはテラスにチェアを置いて、おいしいお茶を楽しむのはいかがでしょうか。折り畳み式のパーソナルチェアを用意すれば、出し入れも楽にできるため、負担なくおそとライフを楽しむことができますよ。

 

 

おうちでの過ごし方をさらにランクアップしてくれるパーソナルチェア。お気に入りのチェアを探してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)