MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

インテリアコーディネートのご依頼はこちら

テレビボードの選び方をプロが解説!おすすめの高級家具10選もご紹介

  • c
  • d 2022.07.13

出典:https://www.molteni.it/jp/  

家具選びの際、後回しになりがちなテレビボード。 普段は意識せずに使うアイテムですが、実はリビングの印象を左右している重要なアイテムです。   「センスの良いリビングを作りたい」と思っている人は、ぜひテレビボードにもこだわってみると良いでしょう。   今回は、おすすめの高級家具ブランドから厳選したテレビボードをご紹介します。 センスの良いリビングづくりの参考にしてみてください。  

テレビボードの役割とは

出典:https://www.masterwal.jp/shop/default.aspx  

普段何気なく使っているテレビボード。 単なる「テレビを置く台」として捉えられがちなアイテムですが、実はその他にも重要な役割を果たしています。   テレビボードの役割としては以下のものが挙げられます。  

  • テレビを適切な高さに置く
  • 収納力によってリビングの快適さを左右する
  • リビングの印象を作り上げる

  テレビボードは、テレビを置くためのものだけでなく、リビングの収納を兼ねていたり、リビングのインテリアとして存在していたりと、さまざまな役割を果たしています。   普段テレビボードの存在を意識することは少ないかと思いますが、テレビを観る際には、必ず目に入る存在です。   人の注目が集まるものだからこそ、取り入れるテレビボードによってセンスの良さが表れると言っても過言ではありません。   リビング空間をセンス良く仕上げるためには、上質なテレビボードを取り入れることが近道なのです。  

テレビボードの選び方

出典:https://www.masterwal.jp/shop/default.aspx  

テレビボードといっても形状やサイズはさまざまです。   ここからはテレビボードの選び方について解説します。  

形状

ストレート

横一直線のテレビボード。   一般的なテレビボードの形状です。   横幅が長いものほど、高級感や重厚感の感じられる印象に。 横幅が短いものは、カジュアルな印象を与えます。   後の章にご紹介しますが、壁面全面に収納を取り付けるシステム収納タイプと比べると、ストレートタイプの方がすっきりとした印象のお部屋に仕上げることができます。   壁面に余白を残したい人、シンプルなお部屋がお好きな人におすすめの形状です。  

コーナー用

お部屋のコーナーに合わせて斜めにテレビを置けるよう、台形またはL字にデザインされているテレビボードです。   テレビの置く位置が限られてしまうような間取りにおすすめしたいアイテムです。   大きすぎるサイズのテレビだと、両側の壁にぶつかってしまう可能性がありますので、事前にテレビボードとテレビ本体のサイズを確認するようにしましょう。  

システム収納

壁面全体に設置するテレビボード。   大容量の収納が魅力的なアイテムです。   自分の好きなパーツを組み合わせることができるのも魅力の1つ。   扉つきの収納や、オープンの棚を組み合わせて、隠す収納と見せる収納を兼ねることができます。   テレビボード設置には、専門業者の施工が必要となりますが、床に置くだけではなく、床から浮かせるフロート施工も可能に。   間接照明と組み合わせることで、ラグジュアリーでホテルライクな空間を実現することができます。  

サイズ

テレビボードを選ぶ際にはサイズも重要です。   お部屋のスペースに合わせるのはもちろん、テレビとのバランスも検討する必要があります。  

横幅

テレビボードの横幅を検討する際には「余白」を意識するようにしましょう。   テレビの横幅に対して、テレビボードの横幅が同じ幅だと、バランス悪く見える原因に。   バランスよく見せるポイントは、テレビの両端に「余白」を作ること。 テレビボードの横幅は、できるだけ広めに確保するようにすると、バランスよく見せることができます。   アンバランスにならないよう、最低でもテレビの横幅より、両端20〜30cm程大きいサイズのテレビボードを選ぶようにしましょう。   最近では大きいサイズのテレビが人気を集め、50〜75インチ程度のテレビを求める人が多い印象です。   大きいサイズのテレビになるほど、存在感や重厚感が感じられるため、組み合わせるテレビボードも大ぶりなサイズを選ぶと良いでしょう。   以下に、実際に販売されているテレビの横幅と、それに合わせたおすすめのテレビボードサイズをまとめました。   テレビボード購入時の参考にしてみてください。  

  • 49インチ(横幅1099mm)→150~200cm程度
  • 50インチ(横幅1117mm)→150~200cm程度
  • 55インチ(横幅1230mm)→180cm以上
  • 65インチ(横幅1462mm)→200cm以上
  • 75インチ(横幅1685mm)→220cm以上

 

高さ・距離

テレビを視聴する際の最適なテレビの高さは、テレビの中央が目の高さより10〜15度程度下の位置になるような高さが良いとされています。   人の視線は、目の高さよりも10〜15度下を向いているため、自然な視線の高さにテレビを置くことで、目を疲れにくくすることができるのです。   テレビボードの高さは、テレビを観る場所(ソファ、床、ダイニングチェア)や、テレビと視聴者との距離、テレビのサイズ、その人の身長によって最適な高さが異なります。   一般的なテレビボードの高さは40cm前後。   これは、ソファに座ってテレビを観ることを想定した寸法です。   ダイニングからテレビを視聴したいという場合は、高さ60cm程度のキャビネットを使用することをおすすめします。   ちなみに、テレビと人の最適な距離感は「テレビ画面の高さ×3」と言われています。   例えば55インチ(横幅1,230mm×高さ740mm)であれば、   740mm×3=2,220mm   となり、画面からソファまでおよそ2m20cm程度離すことが望ましいことが分かります。   テレビボードを購入する場合は、可能であれば事前に家具のショールーム等でテレビとの距離感やテレビボードの最適な高さを確認すると良いでしょう。  

設置方法

テレビボードには床置きタイプと壁掛けタイプがあります。 それぞれの特徴を見ていきましょう。  

床置きタイプ

一般的な床に置くタイプのテレビボードです。   床置きタイプにも、脚付きと、脚無しの2種類があります。   脚付きのタイプは、テレビボード本体に脚がついているため、テレビボード本体と床の間に隙間ができます。   抜け感のある見た目となり、軽やかな印象が特徴的。 カジュアル感を出したいお部屋におすすめです。   また、テレビボードの下を簡単に掃除ができるというメリットもあります。 お掃除ロボットを使用している人は、テレビボード下にお掃除ロボットの基地を設置するというアイデアもおすすめです。   脚無しタイプは、テレビボード本体を床に置くタイプです。 横幅が長くなるほど、どっしりとした重厚感と高級感を感じられます。   装飾のないデザインであれば、すっきりとシャープな見た目になるため、モダンな空間におすすめです。  

フロートタイプ

テレビボードを壁に固定して、床から浮かせて設置するタイプのテレビボードです。   壁内の補強や、専門業者の工事が必要となりますが、床置きタイプでは表現できないような、モダンでシャープな雰囲気を演出することができます。   テレビボード本体の他に、フロートタイプの収納を組み合わせる方法もおすすめ。 壁面全体に統一感をもたせることができます。   最近では、壁掛けテレビが流行していますが、フロートタイプのテレビボードとの相性は抜群です。   テレビから出る配線は全て壁の中に通し、テレビもテレビボードも浮かせることで、すっきりと洗練された印象のリビングに仕上げることができます。   専門の工事が必要となるため、これから新築やリフォームを検討している人はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。  

おすすめテレビボード10選

ここからは、MAYSが選ぶおすすめのテレビボードをご紹介します。   上質な高級家具ブランドを中心に厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。  

ソリッドボード|カリモク

出典:https://www.karimoku.co.jp/  

国産の高級家具ブランドとして知られる「カリモク」 木製家具を取り扱う、国内最大級のブランドです。   そのカリモクのラインナップの中でも1番の人気アイテムが、こちらのソリッドボード。   無垢材を贅沢に使い、木の優しい風合いが感じられるテレビボードです。   床置きタイプですが、テレビボード本体を支える台輪(だいわ)部分が小さいため、宙に浮いたような見た目になるのも素敵です。   このテレビボードのもうひとつの特徴は、収納の高さ。   バリエーションは420mmと、460〜700mmの間で1cm単位のオーダーが可能となっています。   通常のテレビボードよりも高めに設定することができるため、リビング空間に限らず、ダイニング空間などに取り入れることも可能です。   木質感をプラスしたいナチュラルな空間や、和の空間におすすめしたいアイテムです。  

UNO(ウーノ)|リッツウェル 

出典:https://ritzwell.com/  

日本を代表する世界的な高級家具ブランド「リッツウェル」。   独自の洗練されたデザインと、丁寧なものづくりで知られています。   そのリッツウェルがラインナップする、縦格子をモチーフにしたテレビボード「UNO」。   端正な直線で構成される美しい格子は、洗練された和の趣を感じさせます。   バリエーションが豊富な点も魅力の1つ。 テレビボード本体は9パターンの横幅(994〜2,382mm)から選ぶことができ、さまざまな空間にコーディネートすることが可能です。   扉の形状は4パターン。   格子扉・ガラス扉・木扉・引き出しから好きな形状を組み合わせて、自分だけのオリジナルテレビボードを作ることができます。   使われる素材は、ウォルナット・ブラックチェリー・ナラから選択が可能です。   空間の色味に合わせたコーディネートを楽しむことができます。   洗練された静謐な佇まいは、上質な和の空間にマッチするだけでなく、モダンな空間にも合わせることができます。  

BASS(バス)|マスターウォール

出典:https://www.masterwal.jp/shop/default.aspx  

こだわり抜いたウォルナット材を使用した家具づくりで有名な「マスターウォール」。   自社独自の厳しい基準を設け、ウォルナット材の木目が美しく見えるよう、節や白太(しらた)といった部位が入り込まない部分のみを厳選して使うという徹底ぶりです。   マスターウォールが誇る上質なウォルナット材を使用して作られたテレビボードの1つに「BASS」があります。   無垢のウォルナット材をふんだんに使用し、どっしりとした重厚感と、品の良さが感じられるアイテムです。   収納部の前面に施されたウォルナット材は、隣のパネルと木目が繋がるようにデザインされており、美しくダイナミックな木目を楽しむことができる点も魅力の1つ。   ブラックガラスがシャープな印象を与え、すっきりとしたモダンな空間や、落ち着きのあるオーセンティックな空間にマッチします。   木部仕上げは、オイル塗装とウレタン仕上げから選べます。   ウォルナット本来の質感を楽しみたい人はオイル塗装を、メンテナンスフリーを求める人にはウレタン塗装をおすすめします。  

BREATH theaterboard(ブレスシアターボード)| カッシーナ

出典:https://www.cassina-ixc.jp/index.html  

イタリアを代表する高級家具ブランド「カッシーナ」。   イタリアンモダンを牽引する存在として、世界的に有名なブランドです。   「ブレス」は木の素材感と、無機質なハーフミラーガラスという異素材の組み合わせが印象的なテレビボード。   前面に使用されたハーフミラーガラスは、テレビと合わせたときの相性も良く、テレビ周り全体を統一感のあるコーディネートとしてまとめてくれます。   レッグには、丸く細いマットブラックパイプを使用。   高級感と品の感じられる本体に、細く軽やかさを感じさせる細いレッグの組み合わせがカッシーナならではのハイセンスなデザインです。   細いレッグを使用することで、テレビボード全体が宙に浮いているかのような印象を与え、空間に抜け感を感じさせてくれます。   テレビボードの中央に配置されたウッドパネルは、チェスナット・インブイヤ・オークスモークの3種から選ぶことができます。   それぞれ独特な色合いや木目を持つ素材のため、空間のアクセントとして大きな存在感を発揮してくれるでしょう。  

VISTA(ヴィスタ)| アルフレックス

出典:https://www.arflex.co.jp/  

イタリアンモダンの精神を受け継ぎ、日本人向けのデザインを展開する、高級家具の「アルフレックスジャパン」。   無駄をそぎ落としたミニマルなデザインのテレビボード「ヴィスタ」をラインナップしています。   ヴィスタは、極限まで薄くした天板と、ボリュームのあるサイドパネルの対比が特徴的。   天板は、セラミックとウッドから選ぶことができ、モダンからナチュラルな空間まで、さまざまなインテリアテイストに合わせやすいアイテムです。   他のテレビボードには見られない仕様として、テレビボード下に設置されているミラーパネルが挙げられます。   写真を見ると、テレビボードの下には床があるように見えますが、実はテレビボードの下に配置されているミラーが床を映し出しているのです。   このミラーパネルは、テレビボードの後ろから垂れ下がるコード類を隠す役割を果たし、ごちゃごちゃしがちなテレビ周りをすっきりと見せてくれます。   細部にまでこだわり抜かれたアルフレックスのテレビボードは、上質でミニマムな空間を演出してくれるでしょう。  

コンポジションシステムキャビネット|TIME&STYLE

出典:https://www.timeandstyle.com/  

壁面全体を美しく彩ってくれるTIME&STYLEの「コンポジションシステムキャビネット」。   リビング収納とテレビボードを兼ねたアイテムながら、その存在自体を感じさせず、まるで壁面全体の装飾かのような美しさが特徴です。   キャビネットの中央部にはテレビ固定用の金具が装備されており、テレビを浮かせて設置するフロート設置を実現してくれます。   テレビを固定する金具は、画面の向きを自由に調整できるよう、可動式のアーム状となっており、間取りや視聴する人に合わせたテレビ配置が可能。   レッグには華奢な真鍮が採用され、全体を引き締めるアクセントとしての役割を果たしています。   真鍮の細いレッグは、キャビネット全体が宙に浮いているかのような印象を与え、壁面全面にこの大きなキャビネットを置いたとしても圧迫感を感じさせません。  

ウォールシステム|ポリフォーム

出典:https://www.actus-interior.com/  

システムファニチャーを専門とする家具工房からスタートしたイタリアの「ポリフォーム」。   現在では、ソファやキッチンなど、住まいに関するあらゆるアイテムをラインナップしているイタリアの高級家具ブランドです。   ポリフォームには、モジュール機能を持った柔軟性のあるシステムファニチャーを強みとして成長してきた歴史があります。   そんなポリフォームが手がけるのが、空間全体を美しく装飾する「ウォールシステム」。   テレビボードや本棚、飾り棚などの役割をすべて集約しつつ、壁面全体を美しく装飾してくれるという画期的なアイテムです。   選択できるパーツもさまざま。   本を飾るための薄い棚や、お気に入りのインテリア小物を美術品のように飾るためのボックス状のパーツなどがチョイスできるようになっており、自分好みの壁面収納を手に入れることができます。   棚の上部から優しく照らす間接照明を取り入れれば、高級感あふれるホテルライクな雰囲気を演出してくれます。  

コードシステム|ポリフォーム

出典:https://www.actus-interior.com/  

システムファニチャーを強みとするポリフォームでは、「コードシステム」というシリーズもラインナップしています。   「コードシステム」は、さまざまなパーツを組み合わせて自由な設計を可能としたアイテム。   テレビボード用の収納ユニットの他に、飾り棚用のパーツやディスプレイ用の棚、収納に合わせた扉など数多くのバリエーションがあります。   テレビボードとしてご紹介していますが、ディスプレイ用の飾り棚や、収納としての役割を持たせたキャビネットとしてもコーディネートすることが可能。   家全体の収納デザインに統一感をもたせることができます。   テレビボードの天板には、木目のデザインと石目調のデザインをラインナップ。   どちらも、高級家具ならではの品格を感じさせる上質な仕上がりとなります。   また、間接照明を上手に取り入れれば、印象的で存在感のある壁面の演出が可能です。   ラグジュアリーでワンランク上の上質な空間づくりを求めている人におすすめのアイテムです。  

PASS-WORD EVOLUTION|モルティーニ

出典:https://www.molteni.it/jp/  

シンプルで無駄のないデザインを追及する「モルティーニ」。   イタリアの小さな工房からスタートしたこのブランドは、そのデザイン性の高さと質の高さから一躍有名となり、現在では世界的に名を知られる高級家具ブランドとしてその地位を築いています。   モルティ―ニがラインナップするテレビボードは、使う人に合わせて組み合わせができるシステムファニチャー「パスワードエボリューション」。   全ての配線を見せないように設計されており、テレビ周辺の配線は、ビルトインできるように専用のユニットが用意されています。   お気に入りのアイテムを飾りたい場合には、全面がガラスで覆われたユニットがおすすめ。   高級感あふれるショーケースのような見た目で、お気に入りのアイテムを一層引き立たせてくれます。   お部屋全体に高級感を感じさせてくれる間接照明は、棚の上下に設置可能。 リモートコントローラーで明るさを調整することもできます。   ノイズレスな洗練された空間を目指す方におすすめしたい、ワンランク上のアイテムです。  

USMハラー|USM

出典:https://www.usm.com/ja-jp/  

独自のモジュラーシステムを利用したシステムファニチャーを展開するスイスのブランド「USM」。   無限大の組み合わせを可能としたモジュラーシステムを利用し、使う人のニーズに合わせた多様なアイテムを展開しています。   USMが提供するモジュラーシステムは、スティールチューブとボールコネクターを組み合わせた枠組みに、メタルパネルを取り付けるというもの。   テレビボードだけでなく、キャビネットやデスク、ブックシェルフなど、多様なデザインを生み出すことができます。   メタルパネルのカラーリングは、空間になじむようなモノトーンカラーから、空間のアクセントとなるようなビビットカラーまで豊富なバリエーションがあります。   USMの確かな品質と、時代に流されない独特のデザインは世界中から高い評価を受け、ニューヨーク近代美術館の永久コレクションとして収蔵されるほどです。   自分の使い勝手に合わせた、自分好みのアイテムをコーディネートしてみてはいかがでしょうか。  

高級家具のインテリアコーディネート、家具リースならMAYSへ

出典:https://www.molteni.it/jp/  

ここからは、MAYSがご提供するサービスについてご紹介します。 高級家具のコーディネートにお悩みの方は、ぜひMAYSまでご相談ください。  

高級家具のトータルコーディネート

MAYSは国内外の高級家具ブランドを中心に、さまざまな家具ブランドを取り扱っております。   まずは、インテリアに精通した専門のインテリアコーディネーターが、お客様のご要望を丁寧にヒアリング。   お客様の間取りやご予算に合わせて、家具のサイズやブランド、色味などをトータルでご提案いたします。   今回ご紹介した高級家具のテレビボードも取り扱っております。   ご自身でテレビボードを選ぶのは難しいと感じている方は、ぜひMAYSまでお気軽にご相談ください。  

家具のリースサービス

MAYSでは、リース品のご提供も行っております。   一定期間リース品をお貸出しし、期間終了後には、延長や買い取りなどを選択いただけるサービスです。   新品で購入するにはコストがかかる高級家具でも、リース品であればコストを抑えてご提供することができるため、多くの人から人気を集めるサービスです。   専門のスタッフが丁寧にメンテナンスをした後にお貸出ししますので、衛生面での心配はございません。   今回ご紹介した高級家具ブランドのテレビボードもご提供可能です。   新品で購入しようか迷われている方は、一度リース品にて導入してみてはいかがでしょうか。  

プレミアム配送サービス

MAYSでは自社の倉庫を完備しております。   お客様がご購入された家具を、一度自社倉庫へ集約し、一度に全ての家具を配送することが可能です。   通常、別々のブランドで購入した家具は、それぞれ配送日が異なり、その度にお立合いする必要があります。   MAYSでは、お客様のご負担を最小限に抑えるため、一度に全ての家具を配送しております。 「家具購入に時間をかけたくない」「スムーズに新居に入居したい」という方は、ぜひMAYSにご相談ください。

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)