MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

インテリアコーディネートのご依頼はこちら

理想の暮らし「デュアルライフ」という選択肢

  • c
  • d 2022.02.07

コロナ禍を通して、世界中で働き方や生き方が見直され、新しい生活様式に移行する動きが活発になっています。その中で、デュアルライフ(二拠点生活)という暮らし方が注目を集めているのをご存じですか?

デュアルライフとは、都会と田舎の両方に拠点を持つ生活スタイルのことで、これまでは一部の富裕層やリタイア後の世代に受け入れられてきた暮らし方でした。ところが近年では、幅広い世代がデュアルライフに興味を持ち、実践する人が増えてきたのです。

デュアルライフにはどんな魅力があるのでしょうか?

ここではデュアルライフのメリットと、実際にデュアルライフを始めるための手順についてお話します。

 

デュアルライフのメリットとは

自然に囲まれた時間を過ごすことができる

人混みや高層ビルの中で生活していると、自然に囲まれたのどかな暮らしに憧れる人も多いのではないでしょうか。都会での暮らしに息苦しさを感じている人や、今の暮らしにマンネリを感じ、新鮮さを求めている人から人気を集めているようです。

 

自分の趣味を楽しめるようになる

家庭菜園やキャンプ、サーフィンなど、自然の中で行う趣味を都会で実現するのは難しいものです。近年では、QOL(クオリティオブライフ)の向上に注目が集まり、「自分らしい暮らし」を重要視する傾向にあります。自分の趣味を思いっきり楽しむことも、QOLを向上するために大切なこと。環境を整えてあげることで、充実した暮らしを手に入れることができるでしょう。

 

子どもが自然と触れ合うきっかけになる

子どもが自然と触れ合うきっかけを作るためにも、デュアルライフは子育て世代から注目を集めています。小さなうちから自然の中で遊ばせてあげることで、子どもの感性が豊かに育つ、興味の幅が広がるといった効果が期待できます。

 

交友関係が広がる

都会と田舎の2拠点で暮らすことで、両方の地域での交友関係が広がります。様々な価値観の人と触れ合うことで、自身の視野が広がり新しい価値観が生まれてくるかもしれません。様々な方面に人脈が広がるため、新たなビジネスチャンスを見つける可能性も。人生を豊かにするという意味でも、デュアルライフが注目されているのでしょう。

 

オンオフの切り替えができる

仕事は都会、休日は田舎と、過ごす環境を切り替えることでオンオフの切り替えがしっかりでき、仕事での生産性がアップすることが期待されます。田舎で思いっきりリフレッシュすることで、仕事でのストレス発散にも繋がり、前向きな気持ちで仕事に取り掛かることができそうですね。

デメリット

お金がかかる

拠点を2箇所持つということは、その分お金もかかります。住宅購入費の他に、暮らすために必要な水道、ガス、電気やインターネットといったライフラインのお金や、税金や自治会費などもかかります。また、ガソリン代などの交通費も移動のたびにかかるため、継続していけるのか事前にシュミレーションする必要があります。

 

移動時間がかかる

拠点をどこに持つかも重要になりますが、少なからず移動時間がかかることが予想されます。遠すぎる場所に拠点を構えると、移動自体が億劫になってしまい、田舎から足が遠ざかってしまう原因にも。デュアルライフを存分に楽しむためにも、エリアの選定は慎重に行いましょう。

 

スケジュール管理が必須

移動を繰り返すデュアルライフは、自分のスケジュール管理が必須となります。都会で仕事を終わらせて田舎に移動するのか、田舎でもできる仕事を持っていくのか、移動してアポイントはこなせるのか、といったようにきっちりと計画を立てないと、逆に多忙になってしまい、田舎暮らしがストレスになってしまう可能性もあります。

 

デュアルライフが合わない可能性もある

思い描いていた田舎の暮らしが合わなかったという例もあるようです。拠点を構えるエリアにも寄りますが、電車が1時間に1本しかない、車がないと自由に移動できない、スーパーやコンビニまで車で30分以上かかるなど、都会とは全く異なる環境に戸惑う人も。都会の暮らしよりも不便になる可能性が高いことは想定しておきましょう。

どのように始めるべきなのか

目的をはっきりさせる

デュアルライフを始める前に、なぜその暮らしをしたいのか目的をはっきりさせましょう。なんとなく憧れで始めると、思っていた暮らしと違うと感じてしまう原因になりかねません。目的によっても住むエリアが変わるかと思います。趣味を充実させたいのか、子どもの教育のためなのか、地域との交流を持ちたいのか、といった目的をはっきりさせることから始めましょう。

 

シュミレーションをする

実際に2拠点生活は実現可能なのか、事前にシュミレーションをするようにしましょう。どのくらいの資金が必要なのか、移動の時間はどのくらいまでが許容範囲なのか、仕事に問題はないか、など実際の生活を思い浮かべながら具体的にシュミレーションすることで、デュアルライフを始める前と後のギャップを減らすことができます。

 

住まい探し

シュミレーションができたら住まい探しを行いましょう。気軽に始めるのであればホテルやウィークリーマンションを選択する方法も1つですし、空き家を改修して本格的に住まいを構える人もいます。エリアの選定の際には、移動手段に支障はないか、生活するために必要な買い物は問題なくできるか、デュアルライフの目的が果たせる場所なのかといった観点から検討するようにしましょう。

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)