MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

インテリアコーディネートのご依頼はこちら

収納は隠すだけじゃない!見せる収納でおしゃれなお部屋づくり

  • c
  • d 2022.02.11

「お部屋を片付けたいけれど、上手な収納方法がわからない」「片付けてはいるけれど、どこか殺風景なお部屋になってしまう」「片付けてもすぐに散らかってしまう」こんな悩みをよく耳にします。

実はこの悩み、お部屋の収納方法を見直すだけで解決できるかもしれません。

収納は隠せば良いと思っている人が多いのですが、おしゃれなお部屋を作るためには「見せる」収納を上手に取り入れることがポイント。

今回は、見せる収納術についてお話します。

 

見せる収納のメリット

見せる収納を取り入れることで、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

片付けながらおしゃれなお部屋にすることができる

見せる収納とは、お気に入りのアイテムや日常で使用しているアイテムをあえて「見せる」ことで収納する方法。上手な見せ方を身に着けることができれば、お部屋をきれいに片付けると同時に、インテリア性の高いおしゃれなお部屋を作り出すことができるのです。

 

物がどこにあるかわかりやすい

見せる収納を取り入れると、物がどこにあるのか一目瞭然。物をいちいち探す手間が省けるだけでなく、物を収納する場所が明確なので、すぐに片付く仕組みが出来上がります。

 

出し入れがしやすい

収納しているものが見えているため、取り出す動作がスムーズに行えます。日常使いのカップなどの食器はもちろん、バッグやストールなどのファッションアイテムも、毎日収納から出し入れするのは大変ですよね。見せながら収納しておけば、使いたいものを取るだけなので、煩わしさがありません。

見せる収納を取り入れる手順とは

それでは実際に見せる収納を取り入れるには、どのような手順で取り入れたら良いのでしょうか。

 

まずは持ち物の全体像を把握する

見せる収納を取り入れるには、まずはそのお部屋にある物の全体像を把握し、整理収納の計画を立てることが重要です。少し大変ですが、片付けたいと思うエリアの物を全て出して、どんなものがどのくらいの量あるのか、全体像を把握することから始めましょう。

全体像を把握する中で、「日常的に使用する必要な物」「たまにしか使わないけれど必要な物」「使わないけれどなんとなく所有しているもの」「不要なもの」に分けていきます。

また、セットで一緒に使うもの(例えば、ゴミ出しの際に使う「紐」と「ハサミ」など)をグループ化しておくと、その後の収納計画がスムーズに行えます。

 

物の配置を考える

物の全体像を把握した後は、それをどこに配置したら使い勝手が良いのかを検討します。日常の動線から外れた場所に収納してしまうと、物を取りに行くための手間がかかってしまうため、できるだけスムーズに物にアプローチできる位置を検討するようにしましょう。

例えば、家族のバッグの配置を考える際、それぞれのお部屋までバッグを持っていくよりも、玄関からリビングへの動線上に配置することができれば、出かける際にはスムーズに玄関に行くことができ、帰ってきた時にも置くだけでお部屋が散らからない仕組みができあがります。

 

収納を検討する

配置のイメージができたら、お部屋の収納棚や飾り棚などに当てはめながら、見せるか隠すかといった収納方法を考えていきます。ポイントは、形や大きさが揃っているものは見せる、こまごまとして雑多な印象を与えるもの、生活感が出てしまうものは隠すというように分けるのがおすすめ。

例えば、本やカップなど大きさがある程度揃っているものはおしゃれに見せることができるのですが、爪切りや体温計といった小さなものや、パッケージがむき出しの掃除用具などは隠したいところです。隠したいものは、デザインを揃えたボックスに入れることで、ボックス自体を見せながら収納することができますよ。

必要があれば収納棚や飾り棚、ボックスなどを取り入れながら、物を使いやすい位置に配置するようにしましょう。

 

アイテムを使って統一感をもたせる

おしゃれなお部屋にするために、お部屋のテイストに合わせたアイテムを取り入れて、インテリアに統一感を持たせるようにしましょう。

ナチュラル系インテリアであれば、編みかごに隠したいものを入れる、グリーンを飾るなどの方法がおすすめ。

モダン系インテリアであれば、ガラスや金属の小物を飾ったり、収納にはシンプルなボックスを取り入れたりすることで、洗練された空間を演出することができます。

 

見せる収納のためのおすすめアイテム

 

カステッロ(アルフレックス)

https://www.arflex.co.jp/

飾り棚やパーテーションとしても使えるアルフレックスのシェルフです。格子が抜け感を作り、存在感がありつつも圧迫感を感じさせません。

 

ヌーヴォラ ロッサ ブックシェルフ(カッシーナ・イクスシー)

https://www.cassina-ixc.jp/index.html

美しいデザインのブックシェルフ。書籍を飾るだけでなく、空間をゆるやかに区切るパーテーションや、オブジェとしても楽しむことができるアイテムです。

 

Museum cabinet transparency(TIME&STYLE)

https://www.timeandstyle.com/jp/

繊細な格子デザインが印象的な美しいキャビネット。この凛とした佇まいが、洗練された空間を演出してくれるでしょう。

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)