MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

所有するアートと調和する空間の作り方

  • c
  • d 2021.03.06
(写真=Photographee.eu/Shutterstock.com)

アートを部屋に飾りたいけれど、「部屋にアートを合わせればよいのか」「アートに部屋を合わせてよいのか」が分からず飾れなかった。せっかく買ったアートがあるのに、部屋に調和せず収納の奥底で眠っている。

こういった経験はありませんか?アートをこれから買う人も、すでに買ったアートの飾り方が分からない人も、この記事を参考にして、アートがなじむ部屋づくりを目指してみてください。

アートがあると華やぐ場所に飾る

「その空間にアートがあっても違和感がない、それどころか部屋が華やいで美しい空間になる」といったスペースにアートを飾ってみましょう。

ソファ上の壁

ソファを壁にピタリと付けている部屋では、ソファ背面の壁が殺風景になりがちです。ソファの上の空間が広ければ広いほど、寂しくなりがちな空間を埋めるアートが華やいで見えるようになります。大きな現代アートを1枚、クラシカルな油彩を1枚、もしくは小さなアートをいくつか並べて飾ってもおしゃれでしょう。

寝室

寝室に1枚、落ち着いた印象のある絵画があると、よりリラックスできる空間を作ることができます。アートがあるだけで、ホテルライクなインテリアにもなります。

トイレや洗面室

さわやかなアートを飾るだけで、水回りの印象もガラリと変わります。水回りにある青や白を基調としたアートは、清潔感も与えてくれます。

書斎

デスクに向かってパソコンとにらみ合い……ホッと一息つこうと見上げたその目の前に、お気に入りのアートがあれば、疲れた心と頭をリフレッシュさせてくれるのではないでしょうか。アイデアやインスピレーションを与えてくれるアートを書斎に置くことで、仕事もはかどりそうです。

階段

海外の住宅でよく見られる飾り方です。階段の壁にアートや写真を飾ります。「踊り場に大きな1枚のアートを飾る」「規則性なく小さなアートを階段の壁一面にたくさん飾る」など、方法はいくつかあります。小さなアートをいくつも飾るのは難易度が高いため、まずは1枚のアートを飾ることから始めてみてください。

インテリアとしてのアートの選び方

どの空間に飾っても、その場を和ませたり、きらびやかにさせたりするパワーがアートにはあります。アートとインテリアの調和のさせ方さえ分かれば、あとは、自分の気に入った空間に気に入ったアートを飾るだけです。ここからは、インテリアとアートを調和させる方法とアートの選び方を紹介します。

ファブリック(布製品)とアートのトーンを合わせる

ソファの上の壁に飾るときには、クッションやソファカバーのトーンに、寝室に飾るときにはシーツやベッドカバー、枕の色に合わせてアートを購入します。アートを購入した後に、これらのインテリアをアートに合わせて購入してもかまいません。例えば、青と白が印象的な油彩画を購入してソファの上に飾ったら、ソファは白にしてクッションは青にするというように調和させてみましょう。

壁紙とアートを合わせる

飾る場所がすでに決まっている場合には、壁紙の色や模様と合わせたアートを購入します。ちなみに、白い壁紙はどのようなアートでも調和します。優しい印象の空間にしたいのならパステルカラーのアートを、個性的な印象にしたいのなら現代アートを選んでみてください。

アートの飾り方

同じサイズのアートを並べるとき、または連作のアートを並べるときには、水平を意識して上下左右をそろえます。作品を並べるうちに曲がっていかないよう、注意して飾りましょう。大小さまざまな作品を自由自在に飾りながらも、整然とした印象を与えたいのなら、大きな四角の枠をイメージして、その中に作品を並べてみてください。統一感がないような配置でも、枠のイメージの中に入っていればしっくりきます。

アートを飾って空間に彩りを

アートを飾る場所や飾り方、インテリアとの合わせ方について紹介しました。まずは、「自分が気に入ったアートにインテリアを合わせていくか」「インテリアに合うアートを探すのか」について決めましょう。すでにお気に入りのアートを持っているのなら、部屋のテイストをアートに寄せるようにすると部屋とアートが調和します。

インテリアのアクセントになるアートが1枚あれば、すぐに洗練された印象のおしゃれな部屋になります。ぜひ家の中にアートを飾ってみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)