MAYS 家具のリース・販売・インテリアコーディネートのメイズ

経営を左右する社長室はどう作るべき?

  • c
  • d 2021.02.17
(写真=M. Niebuhr/Shutterstock.com)

社長の仕事部屋であり、特別の会議や賓客の応対の場ともなるのが社長室です。コンセプトのないまま何となく社長室を作っていたり、コストカットのために社長室は設けていなかったりしていませんか。この記事では、会社に社長室を置くメリットとイメージに応じた社長室のデザイン例について紹介します。

社長室はなぜ必要?

現在では、「風通しのよいオフィスにする」として社長室を設けない企業もあり、社長や役員が社員とコミュニケーションを取ることが重要視されるようになりました。社長室がないと社員全体で意識を共有しやすいという点はメリットです。しかし、常に社長の目が近くにあることで社員が本来のパフォーマンスを発揮できないこともあるでしょう。

また、反対に緊張感がなくなるなど、社長と社員との適切な距離感が保てなくなる可能性もあります。独立した社長室は、会社の責任者である社長の威厳を保つと同時に、重要な交渉や社員との密接な会話の場という機能もあわせもっているのです。社員のワークスペースと空間を分けることで、緊張感を与え仕事にメリハリを生み出すことが期待できます。

社長室はコミュニケーションの場

社長室は、社長のためにのみ存在する空間ではありません。閉鎖的な社長室ではなく、独立していながらもコミュニケーションを取りやすいことが重要です。「社員の多くが社長室に入ったことがない」「社長が社長室からほとんど出てこない」という状況では、社員のモチベーションを下げてしまいかねないのです。社長室が閉鎖的なプライベート空間になってしまわないよう、注意が必要です。

最近では、ガラスで仕切られた部屋を社長室にしたり、オフィスの一角をパーテーションで区切って社長室にしたりするオフィスもあります。その会社の特色を生かしながら、社員とコミュニケーションを取りやすい社長室を目指しましょう。

ケース別デザイン例

社長室をどのようなデザインにするかは、その会社の象徴である社長のビジョンを表現することにもつながります。何をアピールしたいかによって、内装やインテリアをスタイリングしてみましょう。どの場合にも、オフィス全体とテーマを統一させることが大切です。会社のテーマカラーやロゴのメインカラーを取り入れてもいいでしょう。

清潔・誠実

士業事務所やインフラ関連企業といった、まじめさを訴えたい業種の場合には、落ち着いた色と明るい雰囲気を重視した社長室がおすすめです。白を基調とした内装・什器に、ナチュラルな木目調や透明なガラスを組み合わせると清楚で誠実な印象になります。黒やダークブラウンなど落ち着いた色の家具をアクセントに取り入れることで、社長室らしい高級感をプラスすることが期待できるでしょう。

高級・重厚感

社長室らしい上質な空間を演出するなら、黒やダークカラーを多く取り入れましょう。ソファセットは、ファブリック(布)よりも皮革がよりシックで落ち着いた雰囲気になります。また、インテリアにガラスや金属の輝きが加わると、暗くなりすぎずおしゃれにまとまります。

個性・クリエイティブ

デザイン会社やIT企業など新しいものに敏感なヒト・モノが多く集まる会社は、社長室も創造性を重視したスペースに作り上げるようにします。

・全体をカラフルにする
・アート作品を飾る
・デザイナーズ家具でそろえる
・ゲームやプロジェクターを置く

例えば、上記のようなポイントを押さえたうえで、遊び心のあふれる社長室に挑戦しましょう。新しいアイデアが生まれる場となるはずです。

社長の哲学を反映した社長室を作ろう

コミュニケーションを取りやすくするために、外部や社員に開放的な社長室であることは大事ですが、社長自身が仕事をしやすく、リラックスしながらも集中できることが必須条件です。社長室の内装を改めて考えることは、会社の根本の考えに立ち返ることにもつながります。重要な経営判断が行われる場所だからこそ、会社のシンボルとなる働きやすい空間を作り上げましょう。

お気軽にお問い合わせください

03-5402-4600

9:10-17:30 (平日)